絵本

【子育てママ必見!】子供が興味津々!0歳からおすすめのしかけ絵本3選!

アイキャッチ画像

現在うちの子カニーが好きな絵本はたくさんありますが、0歳の頃は断トツにしかけ絵本が好きでした。

ストーリーなどで楽しむものよりは、触ってみたり、自分でページをめくったりできるものにすごく興味津々でした。

指先からの刺激があったり、驚いたり・・0歳の子にはいい刺激がたくさんです。

そんな初めてのしかけ絵本にぴったりのおすすめの絵本を紹介していきます。

子供が触って楽しめる絵本 「ふわふわだあれ?」

まず初めは本屋さんで見かけて、ふわふわの触り心地の虜になってしまったこの本です。

ひよこのぴよちゃんのお腹部分がまあるく開いていて、触れるようになっています。
ふわふわですごく気持ちいい。

子供は絶対に好きな触感です。

カニーもこの本が大好きで、これを読んであげるとすごく喜んでくれていました。

2歳の今でも「ぴよちゃん読んで~!」と持ってきたり、自分で開いたりふわふわを触ったりしています。

ぴよちゃんだけじゃなくて、いろんなかわいい動物が出てきます。
最初は顔を隠して登場し、ふわふわを触ってこれは・・ひつじさん!と当てて遊ぶこともできます。

ふわふわだあれ ふわふわだあれ2

いぬさんやひつじさんなど、動物によって触り心地も違っていて楽しい♪
1枚1枚も小さい子でもめくりやすいようにしっかりした作りになっています。

最後はふさふさのしっぽの持ち主が登場し「あなたはだあれ?」で終わってしまいます。
あれ?正体が明かされてないまま・・?
と思ったら、裏表紙で確認できました(笑)。

最後まで遊び心たっぷりで楽しませてくれ、ふわふわ触感で癒してくれるこの本、とってもおすすめです。

子供が好きなものの型抜き絵本 「のりものいろいろかくれんぼ」

次は、出産祝いに頂いたこの本です。

シンプルでカラフルな絵でたくさんの乗り物が出てきます。

カニーは最初読んだ時からすごく気に入って、たくさんの乗り物の名前をこの本で覚えることができました!

のりものいろいろかくれんぼ のりものいろいろかくれんぼ2

最初にヒントがでて「なにかな?」と問われます。
次のページに乗り物の形の穴が開いていて、めくるとバスや飛行機などが完成します。

カニーは0歳の頃から乗り物が好きだったので、ページをめくって乗り物が現れると大興奮でした。

自転車や気球までも出てきて本当に楽しめます。

乗り物だけじゃなくて、同じシリーズで「どうぶついろいろかくれんぼ」もあります。

こちらも同じように動物の型抜きになっている楽しい絵本です。

子供が自分でページをめくることで乗り物や動物が現れるので、驚いたり喜んだりできます。

また、この本によって乗り物や動物の名前までも楽しく覚えられるので、とってもおすすめです。

大ベストセラー絵本 「はらぺこあおむし」

超有名なこちらの本は、病院の待合室で出合いました。

待っている間読んであげてたらすごく気に入ったので、後日購入しました。

やはり気に入ったところは、あおむしが食べたものにあいている穴があいているところです。

はらぺこあおむし

穴に指を入れてケラケラ笑ったり、穴から出てくるあおむしを指さして「あ~きた!」と大興奮。

カニーが中でも一番気に入っているのは、このページ!

はらぺこあおむし

土曜日にあおむしが食べたものがずらっと並んでいます。
こんなにたくさんの食べ物がカラフルにおいしそうに描かれています。

このページを何度も何度も見るので、あまり聞きなれないピクルスやサラミなども覚えました。

こんな食いしん坊のあおむしが、最後きれいなちょうちょになったシーンは本当に感動しました。

親の私も大好きな絵本です!
一緒に読んでいて楽しいし感動も出来ます!

カニーも好きすぎて今ではほとんど暗唱していて、絵を見るとセリフが自然と出てきます(笑)。

親子で楽しんで読めるこの本、とってもおすすめです。

おすすめしかけ絵本 まとめ

しかけ絵本は、0歳の子にとてもおすすめです。

触ったり、ページをめくったり、穴に指を入れてみたり・・
好奇心が刺激されるし、見るだけでなく触感からも刺激があるので、脳が発達し、知育になります。

しかけで遊びながら楽しく読み聞かせると、親子のコミュニケーションも図ることが出来ます。

読み聞かせをしている際に、反応が分かりにくかったりして「あれ?みてるかな?楽しいのかな?」など疑問に思ったら、こういうしかけ絵本を試してみてはいかがでしょうか?

きっと驚いたり、手を伸ばして触ろうとしたりとうれしい反応が見られるはずです。

楽しいしかけのお気に入りの絵本を見つけてあげて、親子で読み聞かせを楽しんでくださいね♪

目で見て楽しむおすすめのファーストブックはこちら↓

ブログランキング・にほんブログ村へ